佐川急便で残業代未払いか 都内営業所で調査に着手 仙台では朝礼を労働時間に含めず

産経ニュースより

宅配便大手の佐川急便が、東京都内の営業所の一部従業員に残業代が適切に支払われていない可能性があるとして聞き取り調査を進めていることが13日、分かった。これとは別に仙台市の営業所で朝礼の時間が労働時間に含まれていなかったことが判明した。

佐川急便によると、都内の「千代田営業所」の従業員に対し、6月上旬に労務管理が適切かどうかを確認するための調査を始めた。調査のきっかけや対象人数は明らかにしていない。

一方、仙台市の「仙台営業所」では、10分間の朝礼の時間を労働時間としていなかった。未払い分の賃金を支払う手続きを済ませたが、対象人数や金額は公表していない。

物流業界では、宅配便最大手のヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスが、グループの約5万9千人に未払いだった残業代として総額230億円程度を支払うと公表している。

https://www.sankei.com/affairs/news/170714/afr1707140005-n1.html

“佐川急便で残業代未払いか 都内営業所で調査に着手 仙台では朝礼を労働時間に含めず” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です